バス釣りタックル

バス釣りの道具

ライン

ナイロンライン
初心者はまずはナイロンラインからはじめるといいだろう.強度はフロロに劣るが飛距離はでやすい.なにより価格が安い.はじめのころはヨレができてしまったり、すぐに傷つけてしまったりする.高品質な高価なものを長く使うより安価なラインを頻繁に巻きかえることをお勧めする.結果的にトラブルも少なくなり、ラインブレイク(糸切れ)も少なくなります.
フロロカーボン
スピニングでも、ベイトリールでもサミングが上手にできるようになったらフロロカーボンに挑戦しよう.サミングを上手くできない状態でフロロを使うとバッククラッシュの原因になる.強度があるのでナイロンより1~2ランク細くすることができる.伸び率もナイロンより低いので感度が上がる.バス釣り中級者以上の基本のライン.
PEライン
最近、一部バス釣りでも使うようになっている.強い強度と高い感度のあるライン.反面、扱いが難しい.スピニングリールで遠投可能になるのと、感度が良くなるため沖でのアタリがとりやすい.バス釣りではまだまだこれからといった感じ.まったく伸びないので急に引っ張られる衝撃には弱い.
ライン 伸び 強度 耐久性 価格 扱いやすさ 比重
水=1
PE 5% 強い 強い 高い 難しい 0.98
ナイロン 20~45% 弱い 弱い 安い 簡単 1.14
フロロ 17~37% 普通 普通 普通 普通 1.78

 


初心者のころは300m巻きもお勧め 初心者のころはとにかくライントラブルが多い 質より量 頻繁に巻き替え、釣行回数を増やしてとにかく慣れよう

ロッド

いろんなメーカーからいろんなロッドが発売されています.
上達してくると自分に合った釣りのスタイル、自分の考える釣りを実現するため最適なロッドが必要になります.
まずは基本となるスピニングロッドでの釣りをお勧めします.
代表的なシマノとダイワのロッド.

リール

どんなリールを選べばいいのか?日本メーカの1万円を超えるリールを買えば間違いはないと言われています.
しかし、そう簡単に買えるものでもありません.

スピニングリール

>>十分使える13ナスキー 16ナスキーはさらに進化 上位モデルの機能も

フック

まずはオフセットフックを揃えよう.だいたい値段はどこのメーカも同じ.特に指定しなくても釣り具屋さんに行ってたくさん並んでいる=売れ筋のものを選ぶといいだろう.ワームのサイズによってサイズを何種類か揃える必要がある.ざっくりだが フックのサイズ#2=3インチワーム 4インチワームだと#1か#1/0はじめのころはメーカーを統一しよう.フックの大きさはワームのサイズに合わせることが大事. 余裕があればマス針タイプも用意しよう.ストレート系ワーム(ミミズみたいなの)をちょん掛け(真ん中に刺す)する場合に有効.

オフセットフック

バス釣り初心者
カツイチ(KATSUICHI) キロフック WORM 17

3インチワームが2#あたりが目安.使うワームサイズに合わせてフックのサイズはいろいろ準備したいね


マス針、チョンがけフック

バス釣り初心者
がまかつ(Gamakatsu) バラ TGW ワーム329 ハンガーSF

ワッキー系のチョン掛けフックはこれだ!57cmまでは捕れたフックなので間違いない. 針は魚と接触する最重要部だ.できるだけ高品質なものを選ぼう.それが魚への最高の敬意にもなる.


ストレートフック

バス釣り初心者
フィナ(FINA) FPPストレート

フッキングに悩んでいるならコレ 最近使わなくなったがフッキング率が高い最強フック


ジグヘッド

バス釣り初心者
オーナー針 ラウンド15システム JH-15

このフックだけでいろんな使い方ができる万能フック

シンカー(重り)

最近はいろんな専用シンカー(重り)が発売されているが、一番応用範囲が広くて、リーズナブルなのはガン玉(スプリットショット).ガン玉があれば、スプリットリグ、アンダーショットリグ、テキサスリグ(風)の3種類のリグが組める.2種類を選ぶなら1g前後と3g前後があるといいだろう.

ガン玉(=かみつぶし、スプリットショット)


ダウンショット専用シンカー

バス釣り初心者
オーナー針 コーンシンカー SK-8

アンダーショット(常吉)用シンカー 取り付けが楽


バレットシンカー

バス釣り初心者
WaterGremlin(ウォーターグレムリン) ブルショット シンカー

基本はこれでええんですけど、ラインを傷つけないように面取りをしたほうがいい


ネイルシンカー

バス釣り初心者
アクティブ ミサイルシンカー

ワームに埋め込んで使うものでなので、このシンカーこそコスト最優先で選びましょう

ワーム

正直、ワームやルアーの正解ないと言っていいだろう.逆に正解がないから楽しいということも言える.
どういう魚を狙うか、フィールドにもよるが ひとまず3インチ~4インチくらいのサイズのものを何種類が揃えるといいだろう.特にスイム系(泳がせて使う)ワームはセットする際に注意しよう.基本的にワームは左右対称となっており丁度真ん中に繋ぎ目の線がある.フック(針)を刺す位置、出す位置は戦上にセットすること.できるだけまっすぐな姿勢でセットすることでスクリュウ状にネジレることを防げる.ネジレるとラインの痛めることになり、バッククラッシュの原因にもなる.


>>詳しくはワームの種類で

小物入れ

タックルBOXやバックは何でもいいと思うが小物入れは釣り具メーカのものをお勧めする.
100均でも同じようなケースが売っているが
フタの閉まりが甘かったり(水が入る)、熱に弱かったり(真夏日光で一瞬でアウト)
1回か2回でダメになることが多い.
10倍の値段まではしないので潔く釣り具メーカーの小物入れを買おう.

おえおえ棒

針外しです.安いものなので必須とし思っていいでしょう.バスを守るためというのもありますが、安全に針を外すことができるので自分の手を守ることにもなります.

ヘッドライト

あるとないとは大違い.機動性が数倍アップします.

防災グッズにもなりますので、できればジェントスなどのメーカーの1000円以上のものがいいです.1000円以下の無メーカ品はすぐに故障しる場合が多いです.釣りの途中でライトが着かなくなるほど最悪なことはありません.釣りができなくなるだけだったらいいのですが、帰り道が危険になるなど、明かりがなくなるリスクは大きいです.

グローブ

寒い季節は必須と言い切っていいでしょう.手が冷たいと集中力が続かないんです.場合によってはロッドやリール以上に釣果の差がでます.

タイタニューム素材(Titaniumα)などのグローブが最強.濡れても発熱するという優れもの.

ハサミ

PEラインを使うようになるまでは100均でいいかもしれませんが、管理人は携帯性を重視してこのハサミを何本も追加購入しています

プライヤー

こちらも100均でもいいのですが、錆びにくいのと品質の安定です.